ヴァル=ドワーズの航空関連産業

     ceevo fiche aeronautique japonais HD Page 1
ヴァル=ドワーズ、信頼のおけるエリア

haut gauche b2   haut droit b2

ヴァル=ドワーズは、


ヴァル=ドワーズは、ヨーロッパおよび国際的にも重要な航空関連産業の地集積地となっており、航空・鉄道輸送の世界的なプラットフォームであるパリ・シャルルドゴール空港や、ル・ブルジェ空港、ポントワーズ=コルメイユ空港(セルジー・ポントワーズ)があります。パリ・シャルルドゴール空港では、700社の11の主要事業の200を超える職務において85,000名が雇用されています。

bas gauche b2   bas droit b2

haut gauche b   haut droit b

SIAE パリ航空宇宙ショー(通称)-


ヴァル=ドワーズのブルジェでは2年に1度、パリ航空宇宙ショー(SIAE)が開かれており、航空関連産業の世界的な主要プレイヤーが最新テクノロジーを披露しています。300,000 m2 以上の会場で航空機などについて知り、世界中から参加する2,000社(うち50社がヴァル=ドワーズの企業)を超える企業と出会う機会です。

bas gauche b   bas droit b
産業について

フランスの航空関連産業では、約175,0001名が雇用されています。この分野の350社の大半が装備の製造などに携わり、そのノウハウで知られる中小下請け企業です。売上の15%をR&Dに費やしており、ヴァル=ドワーズは、イル・ド・フランス、アルジャントゥイユ=ブゾン、セルジー・ポントワーズ、ヴァレ・ドゥ・モンモランシーまたはシャルルドゴール空港、ル・ブルジェ空港付近における航空関連での雇用の10%を占めています。
ヴァル=ドワーズと航空関連産業の歴史は1世紀前に遡ります。最初の航空機は自動車と同じようにパリ郊外のセーヌ川のほとりで製造されました。ダッソー・アビアシオンの工場で、20世紀初頭に軍用機の組み立て(ラファル)や民間機(ファルコン)の製造が行われました。

全ての航空関連分野をカバーするヴァル=ドワーズ

3つの空港を有する真の航空関連産業エ リアであるヴァル=ドワーズは、航空関連産業と空港サービスのあらゆる業務をカバーしています。
° 航空機製造(軍用・民間) : ダッソー・アビアシオン、エアバス・ヘリコプターズ
航空機関連下請け : 数多くの 中小企業(Aertec、Cefival、Chromalloy、Goodrich Actuation SystemSas、Hispano Suiza、ラロッシュ、ル・ジョワン・フランセ、Mäder・・・)がボーイング、エアバス、ダッソー、エンブラエルなどのために働いています。
° 航空関連装置の修理(留め具、鋲) :鋲の製造設備2か所 リジ・アエロスペース(ブラン・アエロ・インダストリーズ)とアルコア(セルジー・ポン
 トワーズ)がこの分野で世界的に高い能力を誇っています。


aero suite 01

° 航空関連装置の修理(留め具、鋲) : 鋲の製造設備2か所、リジ・アエロスペース(ブラン・アエロ・インダストリーズ)とアルコア(セルジー・ポントワーズ)がこの分野で世界的に高い能力を誇っています。
° 航空関連機器メンテナンス : ダッソー・ファルコン・サービス(プライベートジェット) ; エール・フランス・インダストリーズKLM エンジニアリング& メンテナンス(フランス国内外の150社が所有する1,500機近くのメンテナンス) ; ヴェクター・アエロスペース・フランス(元Seca)、メンテナンスとターボモーターのスペシャリスト。
° フライトシミュレーターを持つエールフランス‐KLM、フライトセーフティ、シムアエロトレーニングなどにフランスのリーダーである Hispano Suizaを加えたパイロットトレーニング。
° パリ・シャルルドゴール空港、ル・ブルジェ空港とフランス・ハンドリング、ユニバーサル、シグナチュールまたはServair、ニューレスト、アッパースカイ・グルメといったケータリング企業(燃料補給、食料、食器、雑誌、機内免税品など)といった多くの企業をまとめるハンドリングと呼ばれる空港アシスタントのサービス。

ヴァル=ドワーズでの投資を継続する航空関連産業

E3年間で主要産業プロジェクトにより、ヴァル=ドワーズが最も投資が行われた航空関連産業エリアに認定。
エール・フランス・インダストリーズKLMエンジニアリング& メンテナンスが2012年にロワシー=アン=フランスに世界的なレベルでのリアクター用試験台「Zephyr」を設置。

 

ボーイング777やA380などの大型モーターの試験を実施可能。この建物(43 M€)により、毎年約300のモーターのテストが可能に。Hélios (45 M€)は、ロワシー=アン=フランスの新施設にエール・フランス・インダストリーズKLMの航空機構造事業を受け入れ、777やA380などの「航空機構造」市場を獲得。エアバス・ヘリコプターズ(80,000m2)は、ル・ブルジェ空港に工業・R&Dサイト(生産、ロジスティック、オフィス、レストラン)を設置。
多くの中小企業がヴァル=ドワーズの生産工場でのプロジェクトに関与しており、この分野でのダイナミズムを証明しています。

  

 

ネットワーク

haut gauche b   haut droit b

ASTech


ASTech パリ地域- 航空宇宙、フライトシステムにおける重要なフランスのクラスターで、R&Dに従事する人々を中心とした100,000名以上が集まっています。アエロポール・ドゥ・パリ、Aertec、エアバス・ヘリコプターズ、Cefival、ダッソー・アビアシオン、リジ・アエロスペース、サフラン、タレスといった有名企業をヴァル=ドワーズに集めており、ヴァル=ドワーズ県や自治体、民間・公的機関の研究者、地域のSMEと連携しています。
http://www.pole-astech.org

bas gauche b   bas droit b


> 高等教育・研究機関

ENSEA : École Nationale Supérieure de l’Électronique et de ses Applications
ECS-Lab : クオーツ (Institut Polytechnique Grand Parisの研究所:
ENSEA – EISTI -SUPMECA) : コマンドシステムチーム
ETIS (CNRS - ENSEA - UCP) : 情報システム処理チーム
LERMA (CNRS- ENS Cachan - Observatoire de Paris - UPMC - UPC) : 天体物理学および大気分野の放射調査研究所

aero suite 03

 

 




LPMS (CEA - UCP) : 物体・表面物理研究所
LPPI (UCP) : ポリマー・インターフェース物理化学研究所
MRTE (UCP) : 地理・領土・環境研究所
SATIE (CNAM - CNRS - ENS Cachan - ENS Rennes - IFSTTAR - Paris-Sud - UCP) : 情報テクノロジー

> 民間研究所

• ダッソー・アビアシオン
• SAGEM サフラン・グループ
• タレス

aero suite 02 

 

ヴァル=ドワーズにおける有名企業

アルコア・ファッスニング・システムズ- 航空宇宙産業
Aertec - 航空機の座席のメンテナンス
エアバス・ヘリコプターズ- ヘリコプターのプロペラの試験台
エール・フランス・インダストリーズKLM エンジニアリング& メンテナンス- 航空機のメンテナンス
エアクラフト・インテリア・プロダクツ(AIP) - 航空機のインテリアデザインとリノベーション
Cefival - 航空機用のステンレスチューブと外装
Chromalloy - 一般メカニック
ダッソー・アビアシオン- 航空機製造
ダッソー・ファルコン・サービス- J事業用航空機用ジェット
Elno - オーディオシステムとテクノロジー
Goodrich Actuation System SAS - ナビゲーション装置
Hispano-Suiza - 航空機モーター
ラロッシュグループ - アバス・ヘリコプターズの下請け一般メカニック
ル・ジョワン・フランセ- 殊接着剤
リジ・アエロスペース- 航空機用金属部品の鋳造
Mäder - 塗装と溶剤
Sagem Défense Sécurité (Safran) - ナビゲーションと防衛エレクトロニクス
タレス・トレーニング・シミュレーション・システムズ- ヘリコプター、軍事航空機用シミュレーター
トロシェ- 精密機器
ヴェクター・アエロスペース・フランス- ヘリコプターと航空機のメンテナンス、修理、点検(MRR)

icone pdf ppt

PDF形式のPowerPointプレゼンテーションをダウンロード

ヴァル=ドワーズ県における 安全保障とリスク管理

     ceevo fiche gsi JP HD Page 1
信頼の地、ヴァル=ドワーズ

haut gauche b2   haut droit b2

GSI(グローバル・セキュリティ・イニシアチブ)


経済開発委員会(CEEVO)とペイ・ド・ロワシーCDGアソシエーションは、公共と民間、市民と軍の代表者の間に、より良いガバナンスを推奨するシンクタンク « GSI » (グローバル・セキュリティ・イニシアチブ)を2014年に設立しました。その目的は、危機を予防し、地域にあらゆるレベルの抵抗力をつけるため、企業や行政、公共団体への安全対策を実施するだけではなく、予防対策も行うことです。

bas gauche b2   bas droit b2

haut gauche b   haut droit b

GSIイベント


CEEVO は、研究、情報ツール、企業やこの産業関係者に提供するデータベース、ネットワークのサポート、さらにシンクタンクGSIを介しての活動やイベントを企画することで、安全保障とリスク管理産業を応援しています。
gsi-event.com

bas gauche b   bas droit b
一つの産業に注目

安全保障とリスク管理市場は、劇的な変化と急速な成長を遂げています。世界中で起こるテロ事件や、Sony、TV5 Mondeチャンネルのハッキング事件をうけ、この市場は異なる様相を帯びてきました。市場は、グローバル化の影響に直面する企業や行政の発展を混乱させる、技術の急速な変化の波を受けています。

サイバーテロのような産業サイバー犯罪の増加は、フランス国内で2014年に51%増と驚くものです。最も被害を受けているのは銀行や保険会社ではなく、製薬、武器、化学、エネルギー関連産業、さらには新聞社や出版社などが主なターゲットとなっています。資産や顧客、従業員の損失、何よりもイメージダウンという面で、サイバー攻撃の影響はますます深刻なものになっています。Sonyのハッキングによるデータ流出は、企業のサービス部門全体に影響を与えました。

データの増加(ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モビリティ・・・)、相互接続の増加(モノのインターネット)、そしてさらに巧妙化していくサイバースペースでの予測不可能で非対称性と様々な形をとる脅威に直面するリスクを行政と企業は背負っています。接続機能搭載車、スマートグリッド、ソーシャルグリッド、インダストリー4.0、デジタルホスピタル、オンライン診察、スマートシティーなどの新しい用途には数多くのシステム上の欠陥が存在し、犯罪者がそれを利用して産業または市民へと大打撃を与える可能性があります。

ヴァル=ドワーズ県には、安全保障とリスク管理に関わるあらゆる企業が存在します。自動車安全技術のAutoliv Electronic、バイオメトリクスの世界的エキスパートMorpho、シミュレーションを行うThalesなど、この産業における世界的に重要な企業が県に拠点を置いています。 
 


gsi suite 01

さらに、デジタルサ-ビスの分野では世界的リーダーのAtos、コンピューター安全技術の世界的リーダーSophos、データ管理の世界的エキスパートEMC2など、データ安全技術に関わる3社の大企業も同様です。
他にも、航空機製造会社Airbus Helicopters、銀行安全技術Brinks、多種多様なテクノロジーをもつ3M、火災安全対策UTC Fire & SecurityServices、オプトロニクスと慣性装置技術Sagem Défense Sécuritéなど・・・空港セキュリティーの専門と財産・人物のセキュリティー専門の部門(監視ビデオ、警備員など)がある500社以上の中小企業が、パリ・ロワシーCDG空港プラットフォーム近辺に拠点を置いています。
ヴァル=ドワーズ県にはまた、この産業の多様な分野の最前線で活躍する、公共および民間の研究所が存在します。(ESSEC, EISTI,EPMI...)
そしてInstitut de recherche criminelle dela gendarmerie nationale (IRCGN)、Service central de renseignement criminel (SCRC)、Centre de lutte contre les criminalités numériques (C3N)を束ねた、新しい Pôle Judiciairede la Gendarmerie Nationale (PJGN)は、ポントワーズへ設立されました。CEEVO(ヴァル=ドワーズ県経済振興委員会委員会)とぺイ・ド・ロワシーCDGアソシエーションによって発足されたGSI« グローバル・セキュリティ・イニシアチブ »の取り組み は、3つの基軸があります。
1. 利用者の保護:ライフスタイルや生活管理に変化を与えるデジタル革命をサポートするため«グローバルな安全»に必要な要素を定義する。
2. 経済競争力:安全保障とリスク管理産業を強化し、安全上の課題に合わせた技術的解決策とサービスを設計する。
3. 地域の魅力:地元の経験を発展させる。さらなる発展のために安全な環境を求める投資家に、«信頼の地域»と名付けられたアプローチを提供するため、地域公共団体の管理と責任を組み合わせることが、新たな課題です。

 

ロワシーCDGなどの重要なインフラストラクチャーとグラン・パリの交流点に位置するヴァル=ドワーズ県は、まさしく« 経験に最適な地 »と言えます。県内では安全保障とリスク管理における、世界で最も重要な企業10社と地域内に建設された各社の研究所が活動し、さらに航空産業の事後分析を得ることも出来ます。
ヴァル=ドワーズ県がGSIに取り組んだ目的は、新しい技術的解決策とサービスを開発することです。このアプローチは、NouvelleFrance Industrielle による複数の計画(スマートグリッド、デジタルホスピタル、サイバーセキュリティ―、接続機器、非接触型サービス・・)

  

ネットワーク

haut gauche b   haut droit b

COMUE


セルジー・ポントワーズ大学と12の機関を統合したCOMUE パリ・セーヌ大学は、国際優秀プロジェクトとして安全性を採用しました。
www.universiteparisseine.fr

bas gauche b   bas droit b


セルジー =ポントワーズ大学 (UCP)
ERRMECe : 細胞外マトリックスと細胞の関係についての研究チーム。
• 細胞外マトリックス、細胞挙動と病態生理学
• バイオフィルムと表面上での微生物挙動
L2MGC : Laboratoire de mécanique et matériaux dugénie civil
• 土木工学の構造と素材の熱的及び機械的挙動
ETIS : Équipes Traitement de l’Information et Systèmes
• マルチメディアデータの索引化およびデータ統合
-デジタル通信
-神経サイバネティクス
-チップの再構成可能なシステム
SATIE : Systèmes et Applications des Technologies de l’Information et de l’Énergie
• ンピューターセキュリティー:ターボ符号
• 航空セキュリティー:組込みシステムの信頼性
THEMA : Théorie Économique, Modélisation et Applications
• リスクとファイナンス
MRTE : Mobilité, Réseaux, Territoires et Environnement
• 財産と人命の安全対策:洪水時
• 環境の危険や汚染
LPTM : Laboratoire de physique théorique et modélisation
• ナノ物理、凝縮系物質、コンプレックスシステム
• 可積分系
• 大規模なシステムの確率論のモデリング
CESDIP : Centre de recherche sociologique sur le droit et les institutions pénales
• 法と刑事施設に関する社会学的研究センター

を潤すと同時に、中小企業ネットワークを活性・連帯化させ、国内・国外規模で見本となるべき課題を背負っています。

gsi suite 02

 



LEJEP : Laboratoire d’Études Juridiques et Politiques 法的および政治学の研究室
• CERSC : Centre d’Étude et de Recherche en Sciences Criminelles
• 刑事科学の考察と研究センター
Technology Platforms
• Cosmétomique: コスメティックの客観的な測定
• Analyse & Microscopie: 革新的な機器とプロセス
• LaserInnov: 特性付け、保管、そして修復
• Analyse et microscopie: 革新的な機器とプロセ

スバイオ産業大学 (EBI) :
予防-改善:産業と環境リスクの評価と識別、製品の保護と保管
• 微生物学の安全性、新しい抗菌、プロバイオティクス
• 健康、安全、危機管理
• 環境、生物学的および産業排水のモデリング
• 環境修復 &光触媒

Quartz研究所 (EISTI-ENSEA-Supmeca) :
• コンプレックスシステム、メカトロニクスシステム
• サイバーフィジカルシステム(CPS)、モノのインタ
• ネット(IOT)、セマンティック・ウェブ
• マルチフィジックスのモデル 縮小・コンパクト化
• ディペンダビリティとシステムの動的再構成
• インテリジェント機器

国際農業開発大学(ISTOM) :
• 天候、社会、経済情勢の危機に直面する南部アクターの戦略
• 革新的なプロセスの診断、その効果の評価
• 支援システムの評価


ECAM EPMI LR2E :
産業エコイノベーションとエネルギーの研究試験所
• エネルギーと未来都市
• 生産と環境支援体制
• メカトロニクスと組み込みシステム

 

ヴァル=ドワーズ県内の有名企業

3M France - 多種多様なテクノロジー
ATOS - デジタルサービス
AUTOLIV ELECTRONICS - 自動車安全技術
NCS PYROTECHNIE ET TECHNOLOGIES - 爆薬
BRINK’S France - B銀行安全対策
BUREAU VERITAS - 規制
EMC2 - データ管理
FORCLUM ÉNERGIE SERVICES - 航空電気工事
ICTS - 空港セキュリティー
LABORATOIRE CERBA - 医療セキュリティー
MORPHO - バイオメトリクス
MSP - 国際セキュリティアシスタンス
NEDAP - 盗難対策
NEO SECURITY - 生体認証
PSID - 火災安全対策
SAFRAN - 生体認証
SAGEM - オプトロニクスと慣性装置技術
SECURITAS France - 監視とセキュリティー
SILLIKER-MÉRIEUX NUTRISCIENCES - 食品管理
STERIGENE - 無菌操作法のエンジニアリング
SOPHOS - コンピューターセキュリティー
THALES - シミュレーション
UTC Fire & Security Services - 火災安全対策

icone pdf ppt

PDF形式のPowerPointプレゼンテーションをダウンロード

Lettre d'informations

Abonnez-vous à notre lettre économique mensuelle : des informations pratiques sur le Val d'Oise et ses entreprises.

Abonnement magazines

Pour recevoir gratuitement le magazine économique et/ou les cahiers technologiques. Accéder au formulaire.


Rester connecté au Ceevo :
    

Prochain Apéritif Contact

"PME-PMI : Quels accompagnements de BPI FRANCE pour les projets de développement ?"

Conseil départemental du Val d’Oise - 2 avenue du Parc - Bâtiment F - 3ème étage - CERGY

Contacts

2, avenue du Parc - CS 20201 Cergy
95032 CERGY-PONTOISE cedex France
 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 +33 (0) 1 34 25 32 42
  ++33 (0) 1 34 25 32 20

Tous les bureaux du Ceevo