ヴァル=ドワーズ県における 安全保障とリスク管理

     ceevo fiche gsi JP HD Page 1
信頼の地、ヴァル=ドワーズ

haut gauche b2   haut droit b2

GSI(グローバル・セキュリティ・イニシアチブ)


経済開発委員会(CEEVO)とペイ・ド・ロワシーCDGアソシエーションは、公共と民間、市民と軍の代表者の間に、より良いガバナンスを推奨するシンクタンク « GSI » (グローバル・セキュリティ・イニシアチブ)を2014年に設立しました。その目的は、危機を予防し、地域にあらゆるレベルの抵抗力をつけるため、企業や行政、公共団体への安全対策を実施するだけではなく、予防対策も行うことです。

bas gauche b2   bas droit b2

haut gauche b   haut droit b

GSIイベント


CEEVO は、研究、情報ツール、企業やこの産業関係者に提供するデータベース、ネットワークのサポート、さらにシンクタンクGSIを介しての活動やイベントを企画することで、安全保障とリスク管理産業を応援しています。
gsi-event.com

bas gauche b   bas droit b
一つの産業に注目

安全保障とリスク管理市場は、劇的な変化と急速な成長を遂げています。世界中で起こるテロ事件や、Sony、TV5 Mondeチャンネルのハッキング事件をうけ、この市場は異なる様相を帯びてきました。市場は、グローバル化の影響に直面する企業や行政の発展を混乱させる、技術の急速な変化の波を受けています。

サイバーテロのような産業サイバー犯罪の増加は、フランス国内で2014年に51%増と驚くものです。最も被害を受けているのは銀行や保険会社ではなく、製薬、武器、化学、エネルギー関連産業、さらには新聞社や出版社などが主なターゲットとなっています。資産や顧客、従業員の損失、何よりもイメージダウンという面で、サイバー攻撃の影響はますます深刻なものになっています。Sonyのハッキングによるデータ流出は、企業のサービス部門全体に影響を与えました。

データの増加(ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モビリティ・・・)、相互接続の増加(モノのインターネット)、そしてさらに巧妙化していくサイバースペースでの予測不可能で非対称性と様々な形をとる脅威に直面するリスクを行政と企業は背負っています。接続機能搭載車、スマートグリッド、ソーシャルグリッド、インダストリー4.0、デジタルホスピタル、オンライン診察、スマートシティーなどの新しい用途には数多くのシステム上の欠陥が存在し、犯罪者がそれを利用して産業または市民へと大打撃を与える可能性があります。

ヴァル=ドワーズ県には、安全保障とリスク管理に関わるあらゆる企業が存在します。自動車安全技術のAutoliv Electronic、バイオメトリクスの世界的エキスパートMorpho、シミュレーションを行うThalesなど、この産業における世界的に重要な企業が県に拠点を置いています。 
 

Partagez cet article sur les réseaux sociaux >>

Lettre d'informations

Abonnez-vous à notre lettre économique mensuelle : des informations pratiques sur le Val d'Oise et ses entreprises.

Abonnement magazines

Pour recevoir gratuitement le magazine économique et/ou les cahiers technologiques. Accéder au formulaire.


Rester connecté au Ceevo :
    

Prochain Apéritif Contact

"Innovation Managériale : Quelles nouvelles pratiques ? Comment faire pour faire le plein de sa boîte à outils managériale ?"

Conseil départemental du Val d’Oise - 2 avenue du Parc - Bâtiment F - 3ème étage - CERGY

Contacts

2, avenue du Parc - CS 20201 Cergy
95032 CERGY-PONTOISE cedex France
 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 +33 (0) 1 34 25 32 42
  ++33 (0) 1 34 25 32 20

Tous les bureaux du Ceevo