ヴァル=ドワーズのコスメティック

     ceevo fiche cosmetique japonais HD Page 1
信頼の地、ヴァル=ドワーズ

haut gauche j2   haut droit j2

試験・測定のスペシャリスト


ヴァル=ドワーズでは、地域の経済発展のための重要な軸となる企業の技術革新そして研究開発をサポートしており、2009年以降、地域の化粧品業界を支えるために、コスメティックバレーとのパートナーシップを奨励しています。コスメティックバレーとは企業300社をメンバーとして抱える産業クラスターです。ヴァル=ドワーズはまた、化粧品産業と関連企業の重要な鍵を握る、化粧品の試験・測定のスペシャリストが集結する土地でもあります。

bas gauche j2   bas droit j2

haut gauche j   haut droit j

コンベンション(企業間)


セルジー=ポントワーズのCOMET - 数多くの技術によって、有効成分と化粧品の有効性 、そしてこの2つが皮膚と髪に与える相互作用が特定されています。物理化学の分野における研究、生物および臨床実験における測定、新技術の開発などは、化粧品業界において重要な課題です。COMET(コスメティック メジャーメント& テスティング)とは、化粧品の目的別の試験や有効成分について、世界中の学術研究者、大企業、中小企業、ベンチャー企業などが交流できる場所、科学分野の集会のことです。

bas gauche j   bas droit j
一つの産業に注目

ヴァル=ドワーズにおける化粧品産業の就職口は5200にも登り、過去10年間に渡り、この地域で最も発展を遂げた産業になります。
世界市場の25%を占め、フランス輸出産業の第3位を誇るフランスの化粧品産業は、その発祥の地であるイル・ド・フランス、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏、そしてノルマンディーの3つの地域に分散しています。産業クラスターであるコスメティックバレーと呼ばれるこの3ヶ所の地域に800の企業が集結しており、そのうち78%が中小企業を占めています。世界中で販売されている化粧品10点のうち1点以上は、ここコスメティックバレーで製造されており、世界において化粧品の要となる地域だといえるでしょう。

シスレーが選ぶヴァル=ドワーズ

化粧品産業中、一番の雇用数を誇るイル・ド・フランスの中心、ヴァル=ドワーズには、有名な化粧品や香水メーカーが建設され、そのうちの多くは25年以上も前からこの土地に門を構えています。

まずは、グループ アレス。1988年、ブゾンに建設以来、基礎化粧品リーラック、ヘア関連商品フィト、そして香水のキャロンなどを開発しています。クラランスは、1976年にヴァル=ドワーズに参入し、ポントワーズの6万平方メートルもある施設内で独自の基礎化粧品とメイク用品の研究と製造を行っています。マティスは、オスニーでヘアメイクと美容のプロ専用の商品を製造しています。セルジーにはパイヨ研究所。シスレーは、サン=トゥアン=ロモヌに面積4万5千平方メートルを誇る敷地内に自社研究所と世界中の自社サプライ・チェーンを集結させています。ヴァル=ドワーズにはまた、ティエリー・ミュグレーの« エンジェル»とイヴ・サン=ローランの« オピウム »を生み出した香料と香水の世界では世界トップのジボダンと世界第5位の日系会社、高砂の研究所や調香師専門学校が、それぞれアルジャントゥイユとサン=トゥアン=ロモヌに建設されています。 


cosm suite 01

更に、その他の化粧品会社も、ヴァル=ドワーズに研究所や製造工場などを建設しています。日系会社の大東化成は、フレピヨンで化粧品のための顔料を製造しています。Evaflorはフィコソウス(セルジー=ポントワーズのベンチャー企業)のマイクロ海藻類抽出・製造の最終段階においての支援を行っており、ペールフランスは、コルメイユ=アン=ヴェクサンで、輸出用のニーズに合わせた香水(自主企画商品)の製造を、パリ アクセ コスメティックは化粧用品をプロまたは代理店などに販売しています。

センシエント コスメティック テクノロジー:ヴァル=ドワーズから世界に向けて

化粧品のための顔料や染料を専門に取り扱うアメリカの企業グループ、センシエント コスメティック テクノロジーは、セルジー=ポントワーズのフランス国内工場やオフィスに投資する事で自社イメージを国際的に発信する場所としてヴァル=ドワーズを選んでいます。ヴァル=ドワーズの化粧品関連企業は、この地域で社の発展のために有効な経済システムの恩恵に預かることができ、更にはこの分野に関わるすべての点において戦略的な事業を展開していく事が可能です。(有効成分の特定など)

 

ヴァル=ドワーズは、同産業の開発と技術の革新に当たって、化粧品の試験・測定という重要な鍵を手中に収めています。それゆえに化粧品の評価や特性の確定に関する数多くの専門家がヴァルド・ワーズに集結しており、その中にヴァル=ドワーズ測定ネットワーク(測定の分野専門の中小企業クラスター)があります。これは、セルジー=ポントワーズ大学のコスメトミックのプラットホームについても同様です。大学は技術革新や国内ブランド製品の安全性と品質向上のために企業をサポートする他、最新鋭の機器を活用し測定や特性付けの手助けをしています。
これらの理由からコスメティックバレーは、二年毎にセルジー=ポントワーズに科学者、エンジニア、製造業者、国際的な学術研究者などを集めCOMET(コスメティック メジャーメント& テスティング)国際科学会議を開催するためにヴァル=ドワーズを選んだのです。

 

 --------------------------------------------------------------

ネットワーク

haut gauche j   haut droit j

経済開発委員会(CEEVO) は、研究、情報ツール、企業と化粧品産業の関係者へのデータベース提供、ネットワーク上での活動、イベントの企画などを通して、化粧品産業を発展させています。
ヴァル=ドワーズ測定ネットワークは、化粧品の評価(テスト)と特性に関わる中小企業を束ねており、コスメトミックのプラットホームである« Cosmetomic@UCP »は、セルジー=ポントワーズ大学により運営され、化粧品の安全性と有効性の証明に貢献し います。

bas gauche j   bas droit j


研究と高等教育機関
バイオ産業大学 (EBI) )サン=ルイ理工科学院の施設内:エンジニア、化粧品、医薬品、農業関連工業、そして環境学部。
セルジー=ポントワーズ大学: (UFR“科学と技術”) :コスメテストの学士課程 - ファインケミカル、ポリマー、分析・コスメティックの方法論と分析手法・生物素材の生化学・ライフサイエンスと最先端テクノロジーの修士課程 - 化学の博士課程

これはヴァル=ドワーズの卓越した化粧品と世界中の化粧品産業関係者への促進を意味しています。

 

cosm suite 02 

 

 

 

 

 

ESSEC - Luxury MBA : 唯一MBAで、ラグジュアリーなブランドの国際マネ
ージメントを専攻できます。
EBI - ESCOM(1) - ISIPCA(2) : 香料産業連盟 の支援を受け、この3校が共に»香水と化粧品における国際的な安全対策と規律»の修士課程(バカロレア+6年) を開設しました。


公共研究所
ERRMECE : 細胞外マトリックス/細胞の関係についての研究チーム。
SOSCO-UCP/ESCOM/CNRS : 選別有機物の合成と有機金属化学の研究所
LPPI : ポリマーとインターフェイスの物理化学の研究所
GRP2H : 肝臓の遺伝的病態生理学専門のユニットINSERM 680のアンテナ:分子生物学、DNAシークエンシング、クローニング。

(1) ESCOM : 有機・ ミネラル化学専門学校
(2) ISIPCA : 香水・化粧品・食品香料国際高等学院

 

ヴァル=ドワーズにおける有名企業

アレス グループ - 美容関連商品の製造とパッキング。
ビオロス (研究所) 医薬部外品と化粧品の企画、製造。
クラランス - 美容関連商品の製造とパッキング。
大東化成 ヨーロッパ社 - 有機化学物質をベースとした化粧品の販売
Evaflor - 香水や化粧品の工業製造
フレグランス コンタクト - 香水、化粧品、ボディケア商品、生活・家庭用品、などに使用する香料の開発、製造。
ジボダン フランス フレグランス - 香水と香料メーカー
エルバ・ガランニカ - 化粧品とダイエット商品の研究所。
レオノール・グレユ - ヘアケア商品の出荷。
NG パイヨ - 美容関連商品の製造・販売。
マティス - 化粧品の製造。
パルファン・ド・フランス - 顧客ブランドのための香水の企画・製造。
パリ アクセ コスメティック - 美容・化粧品用のアクセサリーの販売。
フィコソウス - マイクロ海藻類とスクリーニング関連のバイオテクノロジー。植物抽出成分の販売。
センシエント コスメティック テクノロジー - 化粧品とヘアカラー商品のための顔料・染料。
シスレー - 美容関連商品、化粧品、香水の研究と物流プラットホーム。
高砂ヨーロッパ香料工場 - 濃縮香料の製造と開発。
ティソン・ガロワ(研究所)- ボディケア用品、香水、化粧品などの製造、販売。

icone pdf ppt

PDF形式のPowerPointプレゼンテーションをダウンロード

Partagez cet article sur les réseaux sociaux >>

Lettre d'informations

Abonnez-vous à notre lettre économique mensuelle : des informations pratiques sur le Val d'Oise et ses entreprises.

Abonnement magazines

Pour recevoir gratuitement le magazine économique et/ou les cahiers technologiques. Accéder au formulaire.


Rester connecté au Ceevo :
    

Prochain Apéritif Contact

"PME-PMI : Comment développer l'excellence opérationnelle et l'amélioration continue dans l'entreprise ?"

Conseil départemental du Val d’Oise - 2 avenue du Parc - Bâtiment F - 3ème étage - CERGY

Contacts

2, avenue du Parc - CS 20201 Cergy
95032 CERGY-PONTOISE cedex France
 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 +33 (0) 1 34 25 32 42
  ++33 (0) 1 34 25 32 20

Tous les bureaux du Ceevo